木曜日が定休日☆他の日はやってるよ〜
0
    2月20日(金)通常営業
    清見台サンロク18時〜
    木曜日が定休日です

    今日は何の日

    ワインの日☆


    毎月20日は『ワインの日』なんだそうですよ〜(日本ソムリエ協会より)

    なので、

    ワインに合うおつまみを紹介

    『ドライフィグ&クリームチーズのテリーヌ』です

    他にも色々ご用意してあります

    週末もぜひサンロクへ

    房総コラボキャンペーンも後3日になりましたよ〜
    応募しに来てね

    | 清見台サンロク | ワイン | 17:48 | comments(0) | - | - | - |
    シャンパンの話(余談)
    0
       お客様からシャンパンのご質問がありました。
      ネゴシアン・マニピュラン?
      リコルタン・マニピュラン?


      ・・・ということでチョットだけ・・・。
      ソムリエさんでもなんでもない僕なので、軽めでいきますね。

      シャンパーニュにも当然たくさんの生産者がおります。超ビッグな生産者から個人的に作る人まで様々・・・。その生産者の規模によって呼び方が分けられています。
      (1部wikiより抜粋)

      ネゴシアン マニピュラン
      ブドウの一部または全量を購入して製造する会社
      要するにビッグな会社。ヴー○・○リコやモ○・エ・シャンド○なんかがそれにあたります。
      日本で売ってるシャンパーニュのほとんどがこれ。正直言って葡萄なんかほとんど作ってません。買い付けて売る!っていうシャンパン。わかりやすい!

      リコルタン マニピュラン
      自社のブドウだけで製造する会社
      会社としては小〜中規模で生産に対して熱意のあるところが多い。
      ボルドー地方では「シャトー」ブルゴーニュ地方では「ドメーヌ」と呼ばれるような、信用性の高い位置にある会社。
      でも「作って作って売って売って」って会社も・・・。

      コーペラティヴ マニピュラシオン
      シャンパーニュ生産者の協同組合
      やっぱりイイ生産者が多い
      でも結託してたくらむ場合も無くも無い

      レコルタント コーペラティヴ
      ブドウ栽培者の協同組合
      栽培のみで醸造所や技術が無いので、まとめてる感じ。

      ソシエテ ド レコルタン
      同族のブドウ栽培者によって構成される会社
      親戚同士でやってる感じ

      マルケ・ダシュチュール
      銘柄を買い手が所有しているもの。
      なんかレストランの名前のシャンパンとかPBとか・・・。
      正直論外。

      こんな感で分かれていますが・・・
      ネゴシアン・マニピュランでも良い葡萄を買い付けることに熱心ですばらしい醸造をしている会社もありますし、リコルタン・マニピュランでも葡萄の状態そっちのけで生産する会社もあります。

      信用しているお店やソムリエさんにきいて、美味しいものが飲めればそれに越したことはありませんね^^v
      | 清見台サンロク | ワイン | 15:24 | comments(0) | - | - | - |
      ワイン講習会
      0
        JUGEMテーマ:グルメ
          ますたぁです

        「明日・・・」といって数日空いてしまいましたがワインの話・・・。

        ロゼの波を気にしはじめたからなのか?メディアのロゼワインが目に付きます。
        ワイン好きな自分にとって映画やドラマで使われているワインが気になるのも当然なのですが、最近「これでもか!」というぐらいロゼが出てきてるので気にして見てくださいね^^V

        そもそもあまりテレビを見ない自分ですが、最近1つだけ見ているドラマが「ハングリー」。
        これみると仕事にやる気が出てきてイイ!

        パテやらジビエやらチョットしたフレンチも作る自分にとってモチベーションが上がりまくるドラマ。そうそう・・・こういうスタイルやりたいんだよねぇ〜。

        先週は恋人役の国中涼子さんがカウンターで飲んでいるワインが「ロゼ」。
        なんでもない普通のシーンですが、ロゼが使われることは滅多に無い。
        メディアはロゼに動き出してる気配ですな・・・
        | 清見台サンロク | ワイン | 14:34 | comments(0) | - | - | - |
        ワイン講習会
        0
          JUGEMテーマ:グルメ
            ますたぁです

          昨日ワインの講習会に行ってまいりました。

          千葉・東京・神奈川からのレストラン経営者・ソムリエさんが集まる講習会で、少々緊張気味の私・・・

          なんてことはありません^^V
          いたってリラックスしたムードで勉強してまいりました!

          NEC_5208.jpg


          さて

          今回の主なテーマは「近年のワイン事情とグランミレジム」。


          ・・・って言われてもね^^;



          要するに最近のワインの旨さは?って話です。
          「グランミレジム」っていうのは「偉大なる年」って意味で、良い年にできた葡萄で作ったワインに「ミレジム」とか「ミレジメ」とか謳ったりします。最近だと2009年に当たるみたい。

          僕の中では2005年のブルゴーニュなんかがビッグヴィンテージの印象を受けたワインだったのですが、2009年を口にしてビックリ!
          なんという深み。なんという複雑さ。時間をかけて味わうほどに1杯のグラスが様々な顔を見せてくれます。
          今後リリースされるこの2009年は品質もトップクラスながら収穫量も例年を遥かに上回り、生産者にとっても飲み手にとってもウハウハの年だとか・・・。ただ、それだけに「グランミレジム」の名を借りて詐欺まがいのワイン商も多くなってくるのでご注意くださいね。

          「ミレジメ」で思い出されるのはシャンパンの話。
          今回の講習会にシャンパンは1本もありませんでした^^;


          う〜んシャンパン好きの自分にとっては残念・・・と思いきや、ロゼが2本も!?

          実は近年フランスでは「会食にシャンパーニュ」というのはもう古いみたいです^^;
          というのもあまりよろしくないシャンパンが横行していて、NM(ネゴシアン・マニピュラン)をありがたく飲んでいるのは日本人くらいのモノだとか・・・^^;

          もちろん当店のシャンパンは自然派RM(リコルタン・マニピュラン)の逸品。
          「パトリスマルク」という蔵のシャンパンを扱ってますのでご安心を・・・。

          シャンパンの話はさておき、ロゼの話。
          今回試飲したロゼ。今までに無い感覚を味わった気がします。
          というのも、自分の感覚では(あくまでも自分の・・・)今までのロゼというと「白と赤の中間」「オールマイティー」なイメージで、わざわざ選ぶようなものではなく「色がお洒落」とか「なんとなく」とか「選べないから」とかで飲んでいたものでしたが、今回のは「選ぶべきなロゼ」というのが相応しいロゼを強く感じました。
          抜栓したての冷えているときにはキリッとした「白」そのもの。時間が経つごとにフルーティーな香りが広がり、飲み終わる頃には「赤」のニュアンスさえ感じることのできる優れもの。長い時間をかけて2人でゆっくり・・・なんて時には「ロゼの他に無い!」って気さえしてきました。
          今年からはロゼのビッグウェーブが来る予感。ワイン通こそロゼを飲んでほしい!
          そんなわけで明日からロゼ入荷しますよ!


          明日のワイン講習会△愨海・・・
          | 清見台サンロク | ワイン | 09:52 | comments(0) | - | - | - |
          本日24時解禁!
          0
            今年もやってまいりました。
            ボージョレーヌーボーの季節です!

            さて今年のデキはいかに…?
            「今年のボージョーレー地区は例年になく好天に恵まれ…」


            な〜んてことは毎年毎年言われてること。


            でもね…




            ヌーボーはお祭り的なもので良いんです。だって毎年ジューシーで旨いもん!
            いち早く飲むが勝ちですよ。
            心地よく酔うが勝ちですよ。


            ちなみに当店では昨晩の時点で届いております^^V
            ボージョレーヌーボー

            ま、ルールなので今日の24時まではご注文できませんが…^^;


            フランス大使館からもご注意があったようで、フライングはいけません。


            そう・・・あくまでも公的には・・・。



            フライングしない。



            フライングしない。
            | 清見台サンロク | ワイン | 14:07 | comments(0) | - | - | - |
            試飲会を終えて・・・
            0
              昨日は正直飲み疲れ(;^ω^)

              ありえないほどのワインを試飲しましたので…





              約120本…

              嘘ダァ〜♪(≡∀≡σ)σ
              そう!大げさだと思うでしょ?

              試飲した1本1本を写真とってきましたv(`ゝω・´)☆
              大混雑の中の1本1本の写真は試飲した人にしか出来ないでしょ?


              一応携帯でも見られるように画像を小さくしておりますが、枚数が多いのでPCじゃないと見れないかも…(;^ω^)
              (試飲会ワイン一覧)
              http://sanroku36.com/wine/


              今日届くワイン(たぶん8時半頃)は超リーズナブルなカベルネ。


              あと…ムルソーΣ(o>艸 あとモンラッシェですv(●≧Д≦●)


              お楽しみに〜!!
              | 清見台サンロク | ワイン | 16:20 | comments(3) | - | - | - |
              ゲベルツトラミネール
              0
                昨日ブログで紹介したゲベルツトラミネール。
                「そういえば最近飲んでないなぁ・・・」なんて思ってセラーで眠っていた1本を・・・。

                するとビックリ!!(*`ロ´ノ)ノ
                これが今まで飲んでいたゲベルツなのか!?と思うほど味の変化が!!
                ヴィンテージは2005。おおぉ!ブルゴーニュ最高のミレジメ!
                2005はアルザスまで及んでいたんですねぇ・・・v(●≧Д≦●)

                豊かな残糖。甘くフルーツフルな香り。
                ドイツワインで言うところのアウスレーゼというところ。
                思わず取引先に電話・・・


                「すいません・・・05のゲベルツ・・・買占めです」
                フフフ・・・ヽ( ´ー`)ノ
                誰にも渡さないぞ・・・
                | 清見台サンロク | ワイン | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                フードセレクション2009
                0
                  昨日「東京ビックサイト【フードセレクション2009】」にて我等が「林SPF」が出展されたそうですv(`ゝω・´)キャピィ☆

                  当店のお肉の生産者「平野さん」は出展ブースで試食の調理。【しゃぶしゃぶ職人】になっていたそうで・・・(´゚∀゚`;)
                  6時間1400食分とは驚きの仕事ですね・・・ww

                  さてそこで林SPFを使うハム・ソーセージの職人さんと出会われたそうで
                  「いやぁ!マスター!そこの作り手は熱いよ〜!!」

                  ・・・と熱く語ってくれました(´∀`)ダブルアツイ!!

                  なんと埼玉で唯一「ドイツ製法のマイスター」を取得されてる方だそうです。スゴイ!(*`ロ´ノ)ノ

                  「林SPF」でハム・ベーコンを作ってる自分としては「林SPF」に対する熱い思いを持ってる方と是非お話をしてみたいものです(o´・ω-)b ネッ♪



                  さて、そんなわけで今日はハム・ソーセージに合うワインの話。

                  まぁワインの相性なんて語り手の主観が大きいのが常。
                  味の感覚は人それぞれなので何を飲んでもイイのですが、簡単に考えると酒と料理の相性は「生まれた土地」を探すのがベスト。

                  お刺身には日本酒。ゴーヤチャンプルーには泡盛といったようなものです。

                  ハム・ソーセージの発祥はドイツともフランスとも言われていますが、そんな事いうとイタリアもベルギーも黙っちゃいません(;^ω^)でも要するに「そこらへん」なんですよね・・・

                  ですから、ドイツを中心にした周辺各国のお酒が良く合うのは当然。

                  今日ご紹介するのはフランスはアルザス地方のワイン。アルザスの代表的な葡萄品種は【リースリング】が有名ですが、有名どころはチョット置いといて、今日は少しだけマイナーな【ゲベルツトラミネール】という葡萄を使ったワインをご紹介します。

                  アルザス地方はドイツとスイスの国境沿いにありハム・ソーセージ作りが盛ん。フランスでありながらもアルザスの住民はそのほとんどがドイツ系の民族だそうです。

                  ハム・ソーセージの歴史とともに歩んできたアルザスワイン。
                  【ゲベルツトラミネール】という名前はスパイス・香辛料という意味があるそうでスパイシーな料理や薫り高い料理などに良く合います。ベーコン・ハム・ソーセージのようなパンチの効いた味わいと強い燻香にはピッタリ!(実はカレーにも良く合います)

                  ビールと燻製料理は黄金のコンビですが、アルザスのワインを片手に厚切りのロースハムってのもまた格別です!!
                  | 清見台サンロク | ワイン | 11:51 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                  ワイン試飲会
                  0
                    当店人気ワインであります「デニ・ポミエ・シャブリ」が残りわずか・・・(゚∀゚ ;)
                    早急な代替品が必要となりました。


                    ・・・「代替品」といっても・・・(;^ω^)


                    というわけで急遽ですが明日、臨時休業をさせていただき「ワイン試飲会」にいって来ます!!
                    実は明日の試飲会は比較的大規模な試飲会。ただ、「水曜日」という"当店にとっては一番中途半端な曜日"の開催だったので半ば諦めていたものでした。
                    でも・・・あのポミエのシャブリが次回リリースまでストップとなると話は別。シャブリそのものはウーダンに変わるとしても、目玉商品的なワインが・・・orz

                    意を決して!!!行って参ります(`・ω・´)ゞ!!

                    明日は臨時休業とさせていただきますが、ブログにて試飲会状況を実況予定( '艸`*)素晴らしいワインに出会えますよう祈っていて下さいね(oゝД・)b

                    あ・・・今日は営業してます!!!!宜しくお願いします!!m(_ _)m
                    | 清見台サンロク | ワイン | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ワインの格付
                    0
                      ワインの話に戻ります。

                      先日「AOCワイン」のほかに「VDQS」などの格付けワインがあります(フランスワインの説明ばかりでごめんなさいm(_ _)m特にブルゴーニュ好きなもんで・・・(^^;)>)。

                      格付けをザクッと説明しますと・・・

                      AOC・・・詳しくは1/27&1/28の内容にあります。

                      VDOS・・・AOCよりも規制が少し緩和されている限りなくAOCに近い上級格付ワイン。でも正直あまり出回っていないです。以前はAOCワインより生産量があったらしいのですが、そのほとんどがAOCに昇格していて今残っているのはほんの少し。このカテゴリーはもうすぐ廃止となるそうです

                      vin de pays・・・いわゆる「地酒」的なカテゴリー。AOCの基準ではないワインですが、美味しいワインはたくさんあります。1/28の文末にもありますがワイン作りの信念からわざわざAOCから外すワインを造るワイナリーも少なくありません。VDQSワインが廃止されると同時にこのカテゴリーに入るワインもあるでしょうから見くびれないです。

                      vin de table・・・日常的なワイン。家庭の食卓に並ぶ安価なワインです。よく「激安¥500」などのワインがこれになります。日本に入ってくるテーブルワイン(vin de table)はガラス瓶のものがほとんどですが、以前フランス帰りに買ってきてもらったテーブルワインはペットボトルのものでした。AOCと比べるとその差は歴然としていますが、毎日ワインが飲みたいと考えると悪くありません。
                      日本酒で言えば「ワンカッ○」とか、焼酎で言えば「鏡○」って感じでしょうか・・・。
                      | 清見台サンロク | ワイン | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |