モッツァレッラ・ディ・ブッファラ
0
     ますたぁです。

    お取引先からモッツァレラチーズをいただきました。


    いまさらモッツァレラチーズの記事?
    そう、いまや全くと言っていいほど珍しくありませんね。


    本来モッツァレラチーズは南イタリアのナポリを中心としたカンパーニア州の水牛の乳からつくられる「ブッファラ」という特産のチーズ。
    でも水牛は乳牛に比べ飼育が非常に難しく、乳の量も少ないため、まず日本では作られていません。

    日本で食べられているモッツァレラチーズのほとんどが「モッツァレッラ・ディ・ヴァッカ」と呼ばれ、牛乳で造られたもの。牛乳で作られたものは癖がなく、味わいがあっさりしていてミルキー。生産が安定しているので入手しやすいのが特徴です。

    普段お店で使っているのは牛乳から造られたモッツァレッラ・ディ・ヴァッカなんですが、いただいたモッツァレラはなんと水牛から作られたカンパーニア産のもの。
    2011072019440000.jpg

    一口食べてビックリ!
    やっぱり全然コクと味わいが違います!


    ・・・が!しかし!

    ・・・チョット癖が強い。
    こんなもんかな〜

    期待もしてただけにチョット残念(;;)



    なんて思いながら、モッツァレラの代表的な料理「カプレーゼ」にしてみた。

    ・・・と

    そのとき





    電気が走った!!

    衝撃的なウマさ!

    今までとは違う!
    本来のカプレーゼって、まさにこの味を出したくて作られたのではないでしょうか!?と思うほど。

    いままさに旬のフレッシュバジル。
    爽やかなトマトの酸味。
    そしてクセを含んだモッツァレラの深い味わい。
    このクセあってのバランスが本当だったのかぁ〜!!



    フレッシュチーズなので賞味期限は超短い。
    明後日7/22金曜日までメニューに載せておきます!

    本物のモッツァレッラ・ディ・ブッファラを使ったカプレーゼ。
    この機会に是非どうぞ!
    | 清見台サンロク | 新着料理 | 00:00 | comments(0) | - | - | - |