ありがとうございます。
0
    お久しぶりです。奈生です。

    ご報告☆
    1月31日をもって清見台サンロクを市川正秀・奈生卒業しました。

    何を書いて良いのかわからず、ずっとブログが書けずすみません。

    まだまだまとまってません。長くなりますがよろしくお願いします。


    1976年に市川昇一(正秀父)がオープンした山麓を2000年に正秀が夜のカウンターを継ぐこととなり清見台サンロクとなりました。

    (山麓本店は長男(市川将仙)が経営しています。)

    実は違う場所で「bar cochaika」←コチャイカは正秀のあだ名です。を
    はじめようと、店舗を探していたところ
    お父さんの方から「そろそろ年だからカウンターに立つのもキツイときがある、このカウンター守ってくれないか?」
    と相談された事が始まりでした。

    山麓は兄貴が継いでる。そこで、清見台山麓のカウンターを継ぐことをすごく悩んでいた正秀でしたが、
    自分も育った愛着ある山麓を守りたかった気持ちも強かったみたいで、
    仮契約していた店舗をあきらめて、清見台山麓を清見台サンロクにして2000年7月にオープンとなりました。

    知ってる人も多いと思いますが、正秀さんは29歳までランドスケープ(公園設計)をしていた設計士で
    (私と出会った時も設計士だったので(笑)バーテンダーとしてお酒の知識はある、
    料理大好き!でも大好きな料理を仕事にするのは初めて、なので勉強勉強の毎日でした。

    気合入れてopenして7ヶ月間定休日無し、元旦以外休みなしで全力で頑張ってました。

    毎日店19時オープンから朝方までずーっと頑張れたのも、毎日たくさんのお客様に会えたからだな〜

    そろそろ深夜3時だから閉めようかな〜っと思うとそこからお客様が来てくれ満席になったり

    朝10時までいてくれるお客様
    40日以上連続で通ってくれるお客様
    15時間以上ずっといてくれるお客様

    今考えるとすごいよね。

    清見台の住宅街、お店の場所もわかりにくいこの場所で今まで続けて来れたのはすべてお客様のおかげです。


    ・毎月のお誕生日会(お客様が始めたお誕生会がパワーアップしてお客様みんなのイベントになって楽しかった)
    ・ダーツ大会(やるからには本物って公式戦用のダーツボードを用意。高さ距離もすべて公式戦使用。狭い店でのハードダーツは危なかった。けど毎晩の練習はみんなですごい上手になったよね)
    ・七夕の日は浴衣着て集まったり(7月7日浴衣が夜意外と寒かったね)
    ・木更津港まつり前夜祭として飲んで
    ・「清見台呑舟会」としてやっさいもっさいに参加☆(優勝もできたね。まだまだ続けます)
    ・花火大会は毎年7月から場所取りしてみんなで花火見たね。場所取りも大変だったけど楽しかったな
    「清見台サンロクのお客様&清見台呑舟会」で花火のスポンサーになったりみんなで見る花火は最高でした☆
    ・BBQ(いろんなところでやったね〜またやりたいな)
    ・ボーリング大会(優勝者はトロフィーで一気飲み(笑))
    ・運動会(すごく楽しかったけど、けが人続出だったね。全力で遊ぶって最高)
    ・仮装ハロウィンパーティー(大人の本気の仮装☆今思い出しても素敵)
    ・クリスマス会(プレゼント交換やゲームなど楽しかった)
    ・忘年会(夕方から朝までみんな飲みすぎ、けど毎年年末の忙しい時なのに集まってくれてありがとう)
    ・年越しLIVE(31日から元旦の早朝までLIVE。狭いこの店でLIVE付き合ってくれてありがとう)
    ・新年会(忘年会・年越しLIVE、終わったと思ったら新年会、よく考えたらすごいスケジュール)
    ・サンロクスキー旅行(2泊3日バス旅行。皆さんの飲むお酒の量に感動です。ずーっと飲んで夜は宴会☆罰ゲームの踊りからの温泉街を3次会まではしご酒、翌日スキー〜温泉〜帰りバスも飲むってさすが飲み屋サンロクのお客様ツア-最強です)
    ・花見(お昼スタートの次の日日が昇るまで花見☆毎年色々考えてゲームやったり、鍋にしたりお客様に発電機もってきてもらって、コタツ用意。ストーブ用意あ。暖房完備で良いかと思ったら長居しすぎてみんな泥酔して失敗(笑)毎年毎年伝説が生まれたね)
    ・大雪でお客様来れないからって雪をあつめてサンロク雪まつりとして、猫バス・オウム・ラピュタ・ロボット兵作って皆さんが見に来てくれたりツイッターで拡散してくれたりしたね
    それから貸切バスで富士急に旅行に行ったりドイツ村でパターゴルフコンペもしたね

    3.11の震災時は計画停電のために発電機、LEDライト、だるまストーブを用意してどんなヒマな日もお店を開けてました。
    まだ娘が0歳だったので、私も不安で自宅の暖房器具・ランプをみんな店に持っていってしまうマスターに不安をぶつけたら

    「つらい時こそみんなで集まる場所が必要なんだ。飲むとかじゃなくて元気な顔見るだけで安心するんだから、そのための店だろう」っと怒られました。
    そんな心配性の私も子供たちを連れて店へ行きお客様に会えた時、元気な顔が見えたとき、会えて良かった。みんなと一緒にいれてよかった。と正秀の正解だったな〜っと
    お店の思い出というより、お客様との思い出がいっぱいです。


    店を続けていきたい気持ちと、かずさ燻製工房との両立がうまくできず、最近はイベントなども出来なかった私たちに
    15周年のお祝いBBQを企画してくれたのもお客様

    忘年会に集まってくださった皆様。

    卒業することを報告してから、たくさんのお客様が「おめでとう」「頑張ってね」「ありがとう」っと声をかけてくれて

    「ありがとう」は私たちが皆様に伝える気持ちなのに、こんな私たちを最後まで大事に思ってくれて、ありがとうございます。


    皆様にとっても思い出の場所サンロクを守ることが出来ずごめんなさい。

    思い出せば思い出すほど、卒業することに気持ちがついていってません。
    まだ営業中と変わらないサンロクを片付けることもできてない私です。
    もちろん正秀には怒られてます。

    新しいスタートを応援して送り出してくれたお客様に恥じることなく
    頑張っていかなきゃダメですね。

    2000年に清見台サンロクスタート
    2010年清見台サンロクより生まれた「燻製オリーブオイル・燻製しょうゆ」が「かずさ燻製工房」になりました。
    2014年12月に株式会社LIO「kazusa-smoke]」
    2016年清見台サンロク卒業
    長須賀に株式会社リオ新工房を建設中です。
    (木更津市長須賀2038)

    サンロクではなくなってしまいますが、かずさスモークとしてよろしくお願いします。

    結局なんだかまとまらない文章でごめんなさい。

    皆様と出会えたご縁に感謝しています。

    これからも市川正秀
         市川奈生と仲良くしてください。



    清見台サンロクランチは今まで通り「山麓カレー専門店」として
    元祖マスターこと市川昇一&よしえ母さんで営業してますのでよろしくお願いします。

     
    | 清見台サンロク | - | 16:43 | comments(0) | - | - | - |